【ドラゴンポーカー】1日目のプレイ日誌

©asobism

復刻スペダン『続・学校怪奇譚』

今回は、復刻スペダン『続・学校怪奇譚』について書いていきます。それでは、今回のボスをご覧ください。

 

 

からの

 

 

怖ッ・・・!!!(笑)

 

相変わらず絵に気合いが入っていて素晴らしいです。刺さる人には刺さりますよねー。ただ、電車とか人が周りにいるところではできませんね。ベタ褒めしてしまってますが、BGMも雰囲気があってかなりいいんですよ!!

 

今回は、復刻スペダンということですが、前回の開催時にはドラポをやっていなかったのでこのスペダンには初参加になります。

 

何事も目標を持ってやらねば!ということで、今回は神級クリアを目指していきます。

 

まずは、ポイントブースト×単独上級周回でポイントを貯めて咬スキルをオールマックスにしなければ。

 

ちなみに今回の餌(スキル上げ用)は、「咬」「デバフ」「聖」の3種類です。

 

咬が選ばれたスペダンは初めてなので美味しいですが、「デバフ」「聖」はなぁ・・・

 

あまり対象カードを持っていないため、実質レベル上げ用として集めまくることにします(^_^)

 

 

そして気になるボス情報です。

 

 

 

ボスの弱点

  • 水(属性)
  • 咬・聖(スキル)
  • 麻痺
  • 妖怪(種族)
ボスは、戦いの最中に形態変化?をしますが、弱点は変わらないようです。水(スキル)は、特攻ではないのでご注意ください。高レベはクレア必須になるのかな・・・?

 

それでは、これらのことを踏まえた上で弱点に沿ったデッキを作っていきます。

デッキ作りはやはり特攻を埋めるに限りますね。というわけでコチラが今回のデッキです。

 

 

 

デッキ一覧

A : ライラ

 

森 : 賭博師レイカ・ダクネス(パジャマ)・捜査官ベルモット・天仙娘々

 

水 : ダークラン・メリッサ・チュン・ヘンゼルとグレーテル

 

火 : 強欲色欲嫉妬な人たち・ハデス・執行の聖也×2

 

といったところです。うーん・・・カード不足がかなり露呈してますねー。

 

水枠の咬アタッカーとして「メリッサ・チュン・ヘングレ」を、そしてアタッカー兼赤盾張り替え要因としてダークランを投入してます。更に火枠盾破壊アタッカーとして聖也を2体投入。あとは、お決まり合体バフデバフ回復といったところでしょうか。

 

現状SS+が3枚も入っている状態ですが、既にコストはフル使用。更に回復には何も子分を積んでいない状態です。コストを・・・コストをください・・・(笑)

 

デッキに関しては、とりあえず咬スキルをオールマックスにした上で、使い勝手をみて少しずつ変更していこうかと思います。

 

皆さんもオススメカード等あったらぜひ紹介してください。近日コメント欄を設けるそうなのでコメント頂けたら喜びます。そして絶賛参考にさせて頂きます。

 

スペダンの話はこのくらいにしておきます。

 

 

カード紹介

カード不足を嘆いてばかりでしたが、ここでカード紹介なるものをしてみたいと思いますので今しばらくお付き合いください!!

 

「強欲色欲嫉妬な人たち」

7周年記念の選抜で出てきたこのカード。おなじみのキャラクターが可愛くデフォルメされてますが、スキルはかなり強力です。

攻撃・素早さダウン+50パーセントで被ダメアップの赤盾付与(盾剥がし)+持続減少、封印状態付与というぶっ壊れ。

 

赤盾を付与した後にしっかりと合体を乗せてダメージを出すために、必ず非合体系の子分を積んでおきましょう。自分自身は、完全に初期の八咫鏡世代なので、とりあえずコインで取得して鏡を子分につけています。鏡+15パーセント子分×2くらいで攻撃素早さダウン3×2くらいは入るのでなかなか良いですよー。

 

このカードを持っていて使っていない人はぜひ引っ張り出してあげてください。

 

それでは、2枚目いってみましょうー!!

 

 

「捜査官ベルモット」

選抜で選ばれることが多いこのカードですが、それも納得の優秀さ。

イラストの可愛さはもちろんのこと、HP回復+デバフ効果反転のスキル持ちです。

 

このデバフ効果反転がいいんですよね。上の級になるほど敵からのデバフがきつくなりますが、そんなときにこのカードがあれば一転攻勢も可能です。

 

残念ながら、自分自身はコスト不足により何も子分は積んでおりませんが、威力アップと非合体系子分は積んでおきたいところ。今は、非絶発を駆使して活躍のチャンスを伺っています。

 

今回は、デッキにも入れたカード2枚を紹介してみました。今後も一風変わったカードを紹介していけたらと思っています。

それでは、今日はこの辺で。引き続き2日目のプレイ日誌も読んで頂けたら嬉しいです(^_^)